○アレルゲン免疫療法(減感作療法)とは・・・

 アレルゲンを少しずつ体に慣れさせ、アレルゲンに接した時に現れる反応を弱めることを目的とした治療法です。

 アレルゲン免疫療法には皮下に注射する方法(前腕あるいは上腕の皮膚の下に注射する方法)と舌下に投与する方法(舌の下に1〜2分間薬を保持しその後飲み込む方法)などがあります。1〜3年で効果が出ますが、体質改善のためには少なくとも2年以上は治療を続ける必要があります。一般的に、最適な継続期間は3〜5年とも言われています。やめた後も効果が持続するのがこの治療法の特徴です。



トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビは下記バナーをクリック
※別のサイトへのリンクです。



Copyright (C) 2014 SAKAI-iin. All Rights Reserved.